FC2ブログ

10//1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.//12

あおやまのこびけん

青山学院大学古美術研究会の活動の記録や部員の日常を徒然なるままに記した公式ブログです(´∀`*)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category: スポンサー広告
trackback -- | comment --

[edit]

page top

青山祭&青祭コンパ 

どうもみなさん、こんにちは!

11月ですね~おでんのおいしい季節になってきましたね。
わたしは引退したら同輩とおでん会するんです。
どうでもいいですか、すみません。

11/3~5の3日間、青山祭が開催されました。

毎年、わたしを含めた三役とよばれる重鎮(?)たちは展示室の裏で
OB・OGの方をお出迎えするために待機しているのですが、
その待機風景に見覚えがあったので記念写真をとりました。見てください。

1509704248874小
どこのスタバですか

ちなみに私は四六時中、それらしくクラフトボスを飲んでました。
あれはおいしい、おすすめです(ブラックに限る)。
そしてもれなくカフェイン中毒になります。

余談はさておき、こちらが今年の作品になります!
ドンッ

〇彫刻班
ジャコメッティ 『歩く男』
DSC_0032小
これスプレーで色づけしているのですが、絶妙な色合いがたまりませんね。

埴輪 『踊る人々(女)』
DSC_0033小
愛らしいフォルム。一家に一台ほしいです。


〇絵画班
アルチンボルド『春』
DSC_0029小
造花を切り貼りして制作しました。
てっぺんの百合の花だけ一桁値段が違います笑。


〇庭園班
龍安寺 方丈庭園
DSC_0037小
縁側から覗いてみると、ばっちり本物と同じ構図になっています。
緻密ですね、、、私なら作業中確実に吐いているでしょう。


DSC_0028.jpg

今年は11号館という辺鄙な場所に追いやられてしまったのですが、
辺鄙は辺鄙なりに、マニアしかやってこないという面白さもありました。

ここで一つだけエピソードを。
こびけんの部室には巨大な馬のはにわが主のように佇んでいるのですが、
今年初めてその制作者様にお会いすることができました。

なんと、、、20年前に制作されたものだったのです!!!!!
わたしと同じくらい生きてたんや、、、。
歴史ある部はこういう出会いがあって楽しいですね(感涙に咽ぶ)。


さて、お次は青祭コンパです。
次期役員も無事決定し、ひとりひとり挨拶をしてもらいました。
まだまだこびけんの歴史は続きますよ、安心してください!

1510316107260小

そして今年もお小遣いをいただきました!!
これで来年も生きていけます、感謝いたします。

左に映っているのが次期会長です。
ひどい下戸なので、お手柔らかにお願いします。

1510316123664小
チェックメイト(すみません)


こうして、今年も無事に青山祭とコンパを終えることができました。

みなさん本当にお疲れ様でした。
足を運んでくださったみなさま、本当にありがとうございます。


次のブログで私のお仕事も終わりになります。
いつから1年ってのはマッチ1本程度の短さになってしまったのか、、、しみじみ。

スポンサーサイト

[edit]

page top

夏合宿2017 

みなさんこんにちは!
9/4~6の2泊3日で、毎年恒例の京都合宿に行って参りました。
今回のスケジュールはこんな感じです。

1日目
1コース…天龍寺,大覚寺,鹿王院,清凉寺,野宮神社
2コース…南禅寺,永観堂,平安神宮,知恩院,八坂神社
3コース…伏見稲荷大社,石峰寺,東福寺,泉涌寺,雲龍院
4コース…平等院,興聖寺,宇治上神社,萬福寺

2日目
大原コース…三千院,宝泉院,実行院,寂光院,勝林院
奈良コース…薬師寺,新薬師寺,東大寺,春日大社,唐招提寺
大阪コース…大阪城,四天王寺,大阪市立美術館
神戸コース…北野異人館街,生田神社,神戸市立博物館,湊川神社

3日目
京都国立近代美術館「絹谷幸二 色彩とイメージの旅」

今回は写真の量が凄まじいので、アルバム形式でお送りします。
ページをめくる感覚でお楽しみください!

1日目
・1コース
sm4.jpg
sm6.jpg
sm2.jpg
sm3.jpg
sm1.jpg

・2コース
sm10.jpg
sm11.jpg
sm12.jpg
sm13.jpg
sm14.jpg

・3コース
sm20.jpg
sm22.jpg
sm21.jpg
sm25.jpg
sm23.jpg

・4コース
sm30.jpg
sm31.jpg
sm32.jpg
sm33.jpg
sm34.jpg


2日目
・大原コース
sm40.jpg
sm41.jpg
sm42.jpg
sm43.jpg

・奈良コース
sm50.jpg
sm51.jpg
sm52.jpg
sm53.jpg

・大阪コース
sm60.jpg
sm61.jpg
sm62.jpg
sm63.jpg

・神戸コース
sm70.jpg
sm71.jpg
sm72.jpg

3日目

京都国立近代美術館「絹谷幸二 色彩とイメージの旅」
flyer421.jpg

絹谷幸二の初期から現在に至る代表作とともに、素描や陶芸、ガラス作品に至るまで、この画家の多彩な活動の全貌を展示。

kinu2.jpg
kinu1.jpg

以上、長くなりましたが2017京都合宿でした!!!

1505302308014.jpg

[edit]

page top

バベルの塔×大江戸クルージング 

みなさんこんにちは・・・
30℃越えの日々が続きますが、みなさまご無事でいらっしゃいますでしょうか。
わたしは暑さにめっぽう弱いため、毎日が阿鼻叫喚です。

ところで私事ですが、
先日6年間通学をともにしてきた愛車(自転車)とお別れすることになりました。
というのも、銃声さながらの爆音をたてての大パンクが起こり、
あちこちにガタがきていたのともう暑すぎて脳ミソが機能しなかったため、今回の別れを決断しました。
ありがとう、わたしの青春の遺産よ。友よ。

6/24に東京都美術館のブリューゲル「バベルの塔」展、
7/8に太田記念美術館の「大江戸クルージング」に行ってまいりました。


〇「バベルの塔」展
ブリューゲルの傑作「バベルの塔」から、彼が手本としたヒエロニムス・ボスの油彩2点、そして彼らが生きた時代、16世紀ネーデルラントの絵画、版画、彫刻を含めた約90点の出品。

2017_babel_b_l@.jpg

「バベルの塔」はまさに圧巻!ミクロとマクロの織り成す最高峰の芸術!!!
特に細部の忠実さには目を見張りました。
煉瓦を引き上げるクレーンから、拡大しないとわからんような人々の生活空間までしっかりと描かれていました。

ブリューゲルはストイックで相当こだわりの強いタイプだったのでしょうね。
私だったら下書きで力尽きます。

YV4O3438@.png
ところでこちら、ボスの絵に出てくるモンスターです。
その名は『大きな魚は小さな魚を食う』。

これ、見ての通りフィギュア化されてグッズ販売されていたのですが、
ショップでわたくしの前に並んでいたおじさまが購入されていました。
キッチンに置いたら食欲なくなりそうですね。

DSC_0017_19@.jpg
今回は、みんな大好き!球体越しに撮影してみました。
美術館の全景も映るのでオススメ。


〇大江戸クルージング

cruising@.jpg

昔の江戸は市中に堀や水路が縦横に張り巡らされ、隅田川や江戸湾にも囲まれた「水の都」でした。
当時の浮世絵には、隅田川などの川で舟遊びを楽しむ人々や、現在のタクシーのように、各地の船宿から出る乗合船を交通手段として使う人々、そして日本各地から集まってきた物資を江戸市中に運ぶ舟運の様子などが数多く描かれています。

江戸のさまざまな水辺をクルージング気分でめぐる、夏にぴったりの展覧会!

1499512138109.jpg

以上です。

え、ちょっとちょっとテキトーちゃいますの?と突っ込まれても仕方がない。

というのも、実はこの日体調が芳しくなかったため、わたしは参加できていないのです。さらにバカ素直な性格ゆえ、あたかも行った感じで書く技術なども持ち合わせていないのです。

次回はがんばるのでお手柔らかに…。
次の更新は夏休みだあ~~



[edit]

page top

6/11 浅草周辺散策 

みなさんこんにちはー!
今回はこびけん初の試み(おそらく)で、浅草散策を行いました。
毎年この時期は鎌倉散策を実施するのですが、たまにはちょいと変化球も投げてみようか、ということで企画されました。

今回のコースはこちらになります!
1コース:すみだ北斎美術館→旧岩崎邸庭園→浅草寺
2コース:江戸東京博物館→今戸神社→本龍院→浅草寺

◎1コース
すみだ北斎美術館
20170611123846_IMG_1999 小
半端なくモダンなデザイン。まず入口がどこやら。
曇天と相まって怪しい近未来感でまくりです。

外観もさることながら、常設展ではタッチパネルを使った展示が多く見られました。
THE最先端美術館です。

開館記念展Ⅲチラシ_0331小
今回の企画展はこちらです。
特産品などが細々と描かれており、完全に江戸版る〇ぶでした。

20170611124811_IMG_2000小
みんなでぐるりと囲む。
左奥3人の温泉につかるポーズが個人的にツボです。


旧岩崎邸庭園
1896年(明治29年)に岩崎彌太郎の長男で三菱第3代社長の久彌の本邸として建てられました。
木造2階建の洋館は、鹿鳴館の建築家でもある英国人、ジョサイア・コンドルによって設計されたとのこと。
20170611151510_IMG_2020小
実は邸宅の半分が思いっきり改修工事中でしたので、
そこを隠すような形で撮影をしました。
案の定わけのわからないアングルになりましたがご了承ください。


アンヂェラス~ちょっと一息~
20170611161001_IMG_2049小
1946年創業の浅草の老舗喫茶、アンヂェラスです。
足休めにこちらにお邪魔させていただきました。
太宰治や永井荷風、手塚治虫も愛した歴史ある喫茶店です。

ちなみにメンバーの4割がクリームソーダを頼んでいました。
やっぱり喫茶店にくると飲みたくなるよね、わかる。


◎2コース
江戸東京博物館
1497701926664小
江戸時代の実物大日本橋だそうです。
隠しきれないアットホーム感(そう見えるのは私だけか)。

1497701833998小
1497701852541 小
お江戸気分の淑女たち。
自然と皇族っぽい手の振り方になっています。


今戸神社
1497701877985小
夫婦である伊弉諾神(いざなぎのみこと)・伊弉冉尊(いざなみのみこと)や
浅草七福神の福禄寿を祀っています。
招き猫発祥の地や縁結びのパワースポットとしても有名です。

1497701941930小
こちらも浅草七福神のうちの毘沙門天をお祀りしています。
大根をお供えすると心身を清めてくれるとか。チョイス渋すぎやろ。

浅草寺・雷門
20170611170253_IMG_2063小
はい、集合写真でーす!自撮りする若者や外国人の合間を縫って撮影。
1日お疲れさまでした~

浅草=雷門だけじゃないんだぜ、ということを実感できた1日だったのではないでしょうか。これはまだまだ開拓の余地ありです。

来年の散策はどこになるのか、後生に託します…


[edit]

page top

5/27 浮世絵動物園🐘 

みなさんこんにちは!
5/27に太田記念美術館の企画展、「浮世絵動物園」に行ってまいりました。
今回は新しい仲間を迎えての初活動です。
入って頂いたみなさま、ほんとうにありがとうございます!!!(お辞儀90°)
こびけんの歴史はまだまだ続きますよ~

小ukiyoe-doubutsu2017

ペットとして愛された猫や金魚、擬人化されたタコや狐、龍や河童。
2010年に多彩な動物を描く浮世絵をご紹介し好評を博した「浮世絵動物園」展がパワーアップして帰ってきました。展示総数は前回の2倍となる約160点。
動物を描く浮世絵と言えば、歌川国芳によるかわいい猫の絵を思い浮かべる方が多いかもしれませんが、動物を得意としたのは国芳だけではありません。
本展には鈴木春信、葛飾北斎、歌川広重、月岡芳年、河鍋暁斎といった名だたる絵師たちが登場。それぞれの個性が発揮された動物描写にも注目です。

l_riri_170216ukiyoe01小
歌川広重の超有名作品、「名所江戸百景 浅草田甫酉の町詣」。
猫ちゃんがかわいらしいのはもちろんですが、やはりアングルが秀逸ですよね。

l_riri_170216ukiyoe06小
こちらは今回わたしが惚れ込んだ作品、歌川国貞の「浄瑠璃つくし 傾城恋飛脚 梅川忠兵衛 新口村の段」です。見てください!このド迫力!!
背景は浄瑠璃の台本だそうです。台本ってこんなにかっこよかったっけ…
コウモリ柄の着物も粋ですよね~こんなの着こなしてみたいです。


写真だけだとどこに来たかわからんですね笑。
5月からTシャツを着ていると先が思いやられます。
IMG_20170529_000915小

次回は浅草散策を実施しようと思っています!
みなさま、奮っておいでなんし。


[edit]

page top

新入生歓迎会🌸2017 

みなさんこんにちは!
4/23、30の2日間、新入生歓迎会を行いました。
今年は国立西洋美術館の「シャセリオ―展」、
山種美術館の「花*Flower*華」展に行ってまいりました。

ついこの間まで新入生だった気がするのですが、
気がつけば自分がこびけんを支える代に...
我々こびけん3年生の内輪では、各学年にだいたいこんな見解があります。
華の1年、小慣れた2年、うるさいおばさん3年生。
おばさんは華を育て、小慣れを制しながら今年も全力疾走していきます。
皆、ついてくるように!!!


●シャセリオー展
テオドール・シャセリオーは、10代の初めに師に入門を許された早熟の天才で、ロマン主義の潮流の中でしだいにアングルの古典主義を離れ、独特のメランコリックな情熱と抒情を湛えた作品世界を作りあげていきます。アルジェリアを旅して彼の地の人々や風物を色彩豊かに描いたシャセリオーは、オリエンタリスム(東方趣味)の画家にも数えられます。しかしカリブ海のスペインの旧植民地に生まれ、父親不在の寂しさや師との芸術的葛藤を抱えつつ独自の芸術の道を模索したこの画家自身が内面に異邦的(エキゾティック)なるものを持っていました。

im_2017chasseriau.jpg chasseriau-constantinea小
                  《コンスタンティーヌのユダヤの娘》

今回始めて日本で本格的に紹介された画家のようで、正直マイナーです。
私も「シャセリオーってどこの人?」というレベルで展覧会に行ったのですが、
彼のオリエンタリズムを含んだ独特な画風には心惹かれるものがありました。
ユダヤ人女性をテーマにしたものは、その装飾や眼差しが特に印象深かったです。

1493040063817小


●「花*Flower*華」展
春夏秋冬の中でさまざまな表情をみせる自然の姿は、古くから日本人の心を魅了してきました。とりわけ四季折々に咲き誇る花は、その美しさとともに詩歌や文学と結びつきながら季節を象徴するモティーフとしても愛好され、現代にいたるまで描き継がれています。その表現には、単独の花、鳥や昆虫との組み合わせ、四季の花を一画面に描く構成など、個性豊かなバリエーションが生み出されました。今回の企画展では、江戸時代から現代に至るまでの四季の花をテーマとした作品が展示されています。

topimage170418-thumb-610xauto-1863.jpg

同じ花でも、それぞれの作者の感じとる花の姿は異なっていておもしろかったです。
額縁から飛び出してきそうな強い存在感を放つ花から、
背景に溶け込んでしまいそうな淡い花まで様々でした。

1493730880441小

今回参加してくれた新1年生2年生、本当にありがとう!
入部待ってるよ!!!待ってるよー!!!!!

[edit]

page top

春合宿~箱根~ 

みなさんこんにちは!
3/23~24の2日間、箱根にて合宿を行いました。
3月の箱根はまだまだ肌寒い!冬用コート&マフラー必須です。
今回は3つのコースに分かれて散策しました。

●Aコース
星の王子様ミュージアム→箱根ガラスの森美術館→箱根ラリック美術館

星の王子様ミュージアム
童話「星の王子さま」と、その作者サン=テグジュぺリに関する展示を中心に、
園内は南仏プロヴァンス地方の雰囲気で統一されています。

20170323130608_IMG_1174小
後ろに見える銅像みたいなものが星の王子様です。

20170323131416_IMG_1180小
再現されたフランスの街並みを見て、大興奮!
卒業旅行はぜひヨーロッパに行きたい・・・


箱根ガラスの森美術館
日本初のヴェネチアン・グラス専門の美術館。
中世ヨーロッパから現代に至るまでの様々なヴェネチアン・グラスが展示されています。
20170323143738_IMG_1215小

20170323144907_IMG_1227小
わたしのお気に入りの1枚です!
独特な柄が水飴のように伸びていて印象的でした。


箱根ラリック美術館
アール・ヌーヴォー、アール・デコという美術様式の時代に生きた、
フランス人ガラス工芸家ルネ・ラリックの作品が展示されている美術館です。
20170323154809_IMG_1239小
車内が気になる御一行
20170323154821_IMG_1240小
落ち着いた御一行

この時入り口で、インパクトの強い外国人の女性がお出迎えしてくださったのですが
実はその方、この美術館で度々コンサートを開いているシャンソン歌手さんだそうです。シャンソン歌手直々のお出迎えが受けられるなんて贅沢ですね。

移動手段にはバスを使用したのですが、箱根の道路は曲がりくねった坂が多いため
乗っているだけで一種のアトラクションとしても楽しめます🚌


●Bコース
岡田美術館→大涌谷→箱根彫刻の森美術館

岡田美術館
館長・岡田和生が蒐集した、日本・中国・韓国を中心とする古代から現代までの美術品を展示。建物正面には、源泉掛け流しの足湯が用意されています。

1490431219630小 無題

1490431214057小
足湯~~~!!!
やはり箱根に来たからには足湯は不可欠!

大涌谷
1490431235919小
うしろの白煙が凄まじいですね、画面越しにでもにおって来そうです。


箱根彫刻の森美術館
国内ではじめての野外美術館で、近・現代を代表する彫刻家の名作約120点が常設展示されています。

こびけんは体をはって彫刻を楽しみます。
1490431180991小
ばびゅーーん

1490431172882小
こてっ

1490431187725小
我らが会長がやってみせました、すてきなショットです。
ありがとうございます!


●Cコース
海賊船→箱根神社→成川美術館

海賊船
1491036480636小 1491036567802小
2枚目はなにやら哀愁が漂う1枚。ネバーランドに行きそう。


箱根神社
箱根神社は、箱根大神(ハコネノオオカミ)様をお祀りしています。
箱根大神とは、瓊瓊杵尊(ニニギノミコト)、木花咲耶姫命(コノハナサクヤヒメノミコト)、彦火火出見尊(ヒコホホデミノミコト)の御三神の総称を指します。

1491036493319小
木花咲耶姫命(コノハナサクヤヒメ)には石長姫(イワナガヒメ)という姉がいるようなのですが、この御姉妹、互いの容姿の違いで悶着しているらしいです。
神様にもお悩みがあるようで・・・


成川美術館
現代日本画を中心にそのコレクションは4000点を超え、いまも増えつづけています。
文化勲章受章画家・山本丘人の代表作150点余りを核に、平山郁夫作の作品も40点余り所蔵しています。

1491036488623小
なんやこれ、めっちゃ楽しそうやん。まぜて 
img_ongoing_1.jpg




箱根湯本駅にて、集合写真。2日間あっという間でした。
20170324114533_IMG_1246小

4月後半にはついに新歓がやってきます!!
新1年生がどしどし入ってくれることを期待してます。待ってるぞ~~~~~

[edit]

page top

12/17  円山応挙―「写生」をこえて― 


みなさんこんにちは!
12/17に根津美術館特別展、円山応挙―「写生」を超えてに行ってきました。

img_maruyamaokyo1.jpg

円山応挙(1733〜95)は、「写生」にもとづく新しい画風によって、日本の絵画史に革命を起こした画家です。そんな応挙の「写生画」は、超絶的かつ多彩なテクニックによって支えられています。しかし近年、写生ないし写生画という言葉だけではとらえきれない応挙の多面性、作品世界のバックグラウンドが指摘されることも多くなっています。
この展覧会では応挙の生涯を代表する作品の数々を、根津美術館の展示空間の中であらためて見つめ直そうとするものです。あわせて、さまざまな可能性を秘めた若き日の作品、絵画学習の痕跡を濃厚にとどめた作品、そして鑑賞性にも優れた写生図をご覧いただきます。「写生」を大切にしながらも、それを超えて応挙が目指したものは何だったのかを探ります。


後期展覧会の目玉は≪雲龍図屏風≫です。
雲龍図屏風

水墨技法を駆使して、龍という架空の生き物に圧倒的な存在感を与えた作品。右隻の龍の胴の部分、丸太のような肉の塊が目の前に迫ってくる驚異的ともいえる描写にぜひ注目してください。水蒸気をたっぷり含んだ大気が激しく渦巻く様子も、見事に描かれています。


今回は庭園での1枚です。
16-12-21-20-26-21-767.jpg
斎藤さん光ってますね~笑
会長のポーズも淑女らしくて素敵ですね、見習おう。

[edit]

page top

12/11 鎌倉散策 

みなさんこんにちは!
こびけん52期の副会長を務めさせていただきます、野口由貴です。

ご存知の方もいっらしゃると思いますが、52期生は全員が女子という異例の代です。
しかし、なんだかんだ遠慮なくものを言い合えることもあって、着々と改革の案をあげつつあります。今後のこびけんに乞うご期待!


12/11に鎌倉散策を行いました。
1年生の参加者がたった2名という少しさみしい回でしたが、アットホーム感満載の散策となりました。今回は金沢街道コースと長谷コースの2つに分かれて行動しました。


金沢街道コース
報国寺→浄妙寺→杉本寺→荏柄天神社→小町通り→鶴岡八幡宮

<報国寺>

冬に竹を眺めるのはちょっぴり寒々しかったですね笑

takenoko.jpg
筍のポーズ

train1.jpg
チューチュートレイン
みなさんはしゃいでおります。


お昼ごはんには名物しらすとカンパチをいただきました。
大変美味でございました!
ごはん



<浄妙寺>

まだまだ紅葉を見ることができました。

jacket.jpg
CDジャケット風の一枚。センターに飛び出ているのは私です笑



長谷コース
極楽寺→成就院→御霊神社→長谷寺→小町通り→鶴岡八幡宮

<極楽寺>
gokurakuji.jpg
犬伏さん自撮りうますぎる…!


<長谷寺>
hase.jpg

daibutsu.jpg
後光の差した和み地蔵さま。光強めです。


時間が余ったそうなので善明寺にも伺ったそうです。
zenmyou.jpg
なんとこちらでもチューチュートレイン!
密かなこびけんのブームですかね。


<鶴岡八幡宮>
last.jpg
ちょうど本殿に夕日が差す頃に集合写真をとることができました。
神々しい!!!

その後はみんなでお好み焼き・もんじゃを食べにいきました。
おいしい香りがコートに染みこみ、私は丸2日間干しました。

次の散策はもっと人数増やしたいですね!







[edit]

page top

青山祭&青祭コンパ&11/12の活動報告 

みなさんこんばんは!
最近ぐっと寒くなってきましたねぇ
インフルエンザ等、風邪にかからないように気をつけましょうね!
さて、遅くなりましたが青山祭&青祭コンパの報告です。
今回の青山祭では高台寺庭園、鳥獣花木図屏風(伊藤若冲作)、日光菩薩立像(東大寺所蔵)の三作品を作成、展示しました。S__22011940.jpg
S__22011939.jpg
S__22011941.jpg
全体
S__22011942.jpg
観覧者の入りもそこそこ多かったようですが、中には怪しい勧誘の人もいたとか...
まぁお祭りの時っていろんな人がいますからね...笑
その後の青祭コンパでは各々楽しんでいただいたようで、三年生の最後の挨拶ではK村君に思いの丈をぶつけてもらいましたね笑笑
写真を載せたかったのですが撮ることを忘れるという大失態を犯したため掲載することができませんでした、大変申し訳ございません。
代わりにコンパ後の写真を載せておきます。
H28 青祭コンパ アフター_8036


お次は今回の活動、国立新美術館で催されたダリ展の鑑賞について。
daritenn.jpg
三年生は最後の活動でしたね...四年になっても行く人はいるでしょうけど笑(某先輩のように)
どのような感じの活動だったかは知りませんが集合写真を見る限り楽しい活動だったんでしょうね笑
僕はその日にゼミで中央大学とのディベートがあったので行けませんでした。(ちなみに二回やって青学が二勝しましたよ!僕は何もしてないですけどね!)
またその日に総会もあり、そこで現役員の解任と新役員の承認が執り行われました。
ここで色紙の贈呈式の様子を載せます。
20161112 総会_4653
20161112 総会_4623
20161112 総会_782
20161112 総会_1759
三年生のみなさんは本当に一年間おつかれさまでした!
そして新三年生になるみなさんは仲良く、協力して頑張ってくださいね!
重要なことなのでもう一回書きますが、仲良く!協力して!頑張ってください!笑

これで僕の書くブログは最後になります。一年間駄文にお付き合いいただき、本当にありがとうございました!
次回からのブログは次期副会長の野口さんに書いてもらいます。どんなブログを書くのか楽しみですね!笑(僕のより面白いのは言うまでもないと思いますが笑)

それではこの辺で失礼します。
一年間ありがとうございました!

[edit]

page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。